恋人に贈るフォトブック。

弟とその彼女。
DSCF5008_400x300.jpg

付き合って1年の記念のフォトブックをフォトバックで作ってあげました。

弟から彼女へのプレゼントをなぜか姉が作るという不思議な図…
DSCF5013_400x300.jpg
撮った写真のデータが暗かったので仕上がりもちょっと暗め。
フォトバックの編集ソフトにはあんまり文句ないですが
色調整・明るさ調整ができないのはちょっとつらいかも。
写真いっぱいあるといちいち自分で明るさ調整したデータを用意するのは面倒なんですよね。
フォトバックに切望する機能です、ほんと。


弟のラブラブな写真を夜な夜な編集するのはなかなかつらいものがあったけれども…
ステキなフォトブックになりました。


フォトブックというものがただただ自分の写真を残すためのものだけじゃなくて
「贈り物」というツールになればいいなと思うのです。
特に若い人たちの。

無限の可能性のあるフォトブックのこれからに期待です。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。