【フォトブック比較】印刷タイプと写真タイプのフォトブックって何が違うの?

フォトブックには
「印刷タイプ」のフォトブックと
「写真タイプ」のフォトブックというのがあります。

写真と印刷と言葉でいわれても、
写真も印刷で、印刷も写真でしょ?
フォトブックが初めてだったり、写真のことあんまりよく知らない人は
いまいち違いがピンとこないんではないかと思います。
でも手にしてみると全然ちがいます。
断然写真タイプの方が画質きれいです。


写真タイプというのは…
お店で写真プリントしてもらった時のような「写真」でできているフォトブックです。
写真というのはざっくり、ほんとにざっくりいうと
紙にインクを吹き付けたりするのではなく、
写真ペーパー(印画紙)というもの自体が発色します。
印画紙仕上げとか写真仕上げ、銀塩、銀写真、といったいろんな呼び方で呼ばれます。
まとめていうと「写真仕上げ」です。

画質は本当に細かいところまで鮮明に再現できていてとてもきれいです。
印画紙という写真の紙に厚みがあるのでフォトブックになるとたいてい1ページの厚みが
しっかりしたものになります。
フォトブックは印画紙に両面印刷ができないので、印画紙を貼り合わせて作ります。
ほぼ180度見開きができる絵本風の厚紙タイプのフォトブックの仕様のものです。
P8121591_640x480.jpg
ネットプリントジャパンのです。よく見る光沢写真のようにもうつるつるピカピカです。
このタイプは指紋が付くので、きれいすぎてあんまり触れなくて、ページがちょっとめくりづらいです。
IMGP1160_640x480.jpg
↑ビビプリのフォトブックです。ビビプリとかフジフイルムの写真タイプのフォトブックは半光沢になっているので触っても指紋が残らないのでいいですよ。



FUJIFILMとか昔から「写真」をやっていますってところが作るフォトブックには
写真タイプがラインナップにあるところがあります。

写真(印画紙)タイプのフォトブックが注文できるのは
■フジフイルム(FUJIFILMネットプリントサービス
■ビビプリ業界★最高画質★最安値★に挑戦!【viviフォトブック】812円~
ネットプリントジャパン
ネットで簡単にフォトアルバム作成!「フジフォトアルバム」
マイアルバムP-Book
とかです。


印刷タイプとは…
印刷タイプは紙にインクをのせる印刷をしているものです。
フォトブックはこっちのタイプの方が多いです。
印刷タイプのフォトブックは普通の印刷物によくある印刷の点が目立つものが多くて
写真タイプにのフォトブックに比べたら細かいところはあまりはっきりしないところもあります。

でも最近は印刷機がよくできているのできれいに印刷されてます。
普通の人から見れば写真も銀塩もよく違いはよくわからない、気づかない、気にしない程度の
違いなのかもしれません。

印刷タイプのフォトブックは
私は注文したらまず点が見えるかどうかをじっくり見ちゃうんですが、
フォトバックやしまうまプリントは全然気にならなくてよかったです。
P8071451_640x480.jpg
【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブックのフォトブックです。印刷がテカテカした感じでのっててきれいです。


マイブック楽天写真館やデジプリのフォトブックはすごく気になりました。
P1090970_640x425.jpg
マイブックです。写真をとても小さく配置したのでその分ちょっと点が目立ちました。
P1090915_640x425.jpg
楽天写真館です。全体的にぼんやりしてた気がします。


点が気になるフォトブックは、点が見える見えないが気になる前にまず
フォトブックを開いたら「おや、なんだか写真がぼやけてる(はっきりしない)」って印象を受けます。
で、よく見てみると点が見えることが多いのです。

でも気になるときはだいたい写真が小さかったり、フォトブックのサイズが小さかったりします。
マイブックはフリーレイアウトができるので写真いっぱい入れるために写真小さくしすぎるのは注意です。
写真はなるべく大きめに入れたり、フォトブックのサイズを大きくすると気にならなくなりますよ。



記念の写真やしっかりとしたフォトブックを作りたいって時は
写真タイプのフォトブックがお勧めです。
拡大して見ちゃうと気になるけど、画質はそこそこでもいいって人は
自分に合った価格、仕様のフォトブックを見つけてください。






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。