左開き・縦書きのフォトブックってないのかな。

先週しまうまプリントが半額キャンペーンをやっていたので

4回目8冊目の注文をしました。


今回の注文はフォトショップで作った原稿をただはめて冊子にしたかったんですが

写真じゃないものを入れて作るということで初めて気がついたこと。

フォトブックって右開きのものってない!?

この原稿は縦書きなので右開きのものだったのですが
それをフォトブックに当てはめていくと
開きが逆だと読みにくい!
shimauma.jpg

左のページ左下で終わった文章の続きは
右ページの右上。
流れがおかしくなっちゃうんですよね。


フォトブックって基本的に
「写真」を入れるもので
「横書き」のもの
ということに違うことをしてみて気がつきました。


縦書きはフリーレイアウトのものならできるところもあります。
でも今回のようにデータで仕上げてるときは
右開きじゃないと困ります…。

後ろ表紙にバーコードとかロゴとか余計なものが入らない製本してあるところなら
右開きのようにすることはできるけど
しまうまプリントのような文庫本風のフォトブックは
表紙、背表紙のテンプレート決まっちゃっているし
奥付とかが入ったりするから無理なんですよね。


本のようなフォトブックが増えているけど
中身は「写真」主体ないんだなぁと気づかされました。


そのうち右開きと左開きを選べるのが
当たり前になったりするのかな。

するといいな。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。