【フォトブックサイズ比較】PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)体験レポート~フォトバックBUNKOとサイズ比較編~

フォトプレッソのこの重厚感を伝えるために
A6サイズの【Photoback】一冊から作る写真集と並べてみました。
IMGP0837_320x240.jpg

大きさもちょっと大きめ

IMGP0838_320x240.jpg

IMGP0839_320x240.jpg

フォトプレッソ154ページ(下)とphotoback72ページ(上)

フォトプレッソなら204ページまで増やすことが可能。
まだまだ厚くできます!
IMGP0841_320x240.jpg

フォトプレッソのほうが中身を開いたときの写真の迫力がある。

本棚でのフォトプレッソ。
IMGP0847_320x240.jpg
真ん中にあるのがフォトプレッソ。
しっかりとした厚みがあるので存在感がある。


初めて「フォトブックらしくないフォトブック」にであった気がします。
photobackや みんなの本づくりサイト「DreamPages」 は本物の文庫本のようではあるが
最大ページ数が薄いのでやっぱり文庫本のようであるとはいっても
「おしゃれなフォトブック」という感じが出てします。
その他のフォトブックも「フォトブック」らしさ満載だけど

このキャノンのフォトプレッソは
フォトブックというよりも本当に「書籍」感が強い。
書籍と並べても違和感のない書籍に近いフォトブックなので

フォトブックを作ったというより
手にしたとき
書籍を編集した満足感が味わえると思います。

記念や旅行の記録に
1冊作ったら満足のある1冊になること間違いなしです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。