【PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)】キャノンPHOTOPRESSO専用の展示コーナーを見てきました。

◆デジタルハウス銀座
都営地下鉄 東銀座A7、A8出口より徒歩2分
東銀座駅(日比谷線)A2出口より徒歩3分
銀座駅(銀座線・丸ノ内線・日比谷線)A12出口より徒歩3分

PHOTOPRESSO専用の展示コーナーを設置して、常時お客様の作品を展示しています。

P5240572_320x240.jpg

PHOTOPRESSO専用の展示コーナーを見に行ってきました。

キャノンのカメラとかプリンターとかが展示してある端のほうにありました。
P5240567_320x240.jpg
この前行ったphotobackのセレクション展がインパクトがありすぎて
なんだか物足りない感じがしました。

何だろ、作品を見ていてわくわく感とか
「作りたい!」ってイメージがわいてこなかったんです。

1ページ1画像しか入らないということと
帯色も少ないことで
レパートリーの少なさと
オリジナリティを出す難しさがあるのかな。
同じ様なものが並べられているように見えてしまっていた気がします。

フォトブック自体はすごくいいのになぁ。

なんだろう、
それに、ついで感が出ちゃっていたのかな。
展示コーナーは端っこのほうだし、
カメラに比べたらほんの一部だったからなのかもしれませんね。

展示の仕方はおしゃれでいいとは思いますが
なんだか手に取りにくかったです。

それはまぁしょうがないとして、
展示があることのいいところは
「実物が実際に触れられること!」

P5240569_320x240.jpg
初めてフォトプレッソを作ったときは150ページくらいで作ったから
ボリュームがあってすごく満足だったのですが
ページ数が少ないとフォトプレッソって結構薄っぺらい印象のフォトブックになってしまうかも。


上が最低注文ページ数40ページ。
比べちゃうとなんか薄いなぁって思っちゃいます。
100ページ以上のときのボリューム感がすごく本物の「本」っぽくて私は好きです。

ぜひ注文するならちょっと高くなっちゃうけど
少しでもページ数多いのがおすすめです。

P5240565_320x240.jpg
本棚に並べたときにおしゃれっていいですよね。
揃えていきたくなるし、
揃えば揃うほど本屋さんみたいで嬉しい。
それの中身が自分の写真だなんて、これまた嬉しい。

並べたときの雰囲気もフォトプレッソは好きです。


ページ数違いとか
他の人の作品例とか
作る前に確認しに行くのには、おすすめですよ。デジタルハウス銀座。

P5240571_320x240.jpg
ついでのついでくらいな感じで
キャノンイメージゲートウェイのフォトブックもちょっとだけ展示してありました。
昔から仕様の変わらないフォトブックだそうで
ずっと注文してくれている写真が趣味の方々のためにやめられないのかなぁ。
力の入れ方の差が激しくてびっくりしましたよ。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。