【フォトプレッソ(キヤノン)】を初めて注文してみる。~口コミレポート編集編~

キヤノンの一押しのフォトブックPHOTOPRESSOついに注文してみました。

2011年度グッドデザイン賞も獲得したおしゃれなフォトブックだし、
しっかりとした厚みがあって、本屋に並ぶ単行本のようなので
本棚に並べたらかわいいんじゃないかなと思って気になってはいたんです。

初♪フォトプレッソ作りに挑戦です。


フォトプレッソは
タテ 182mm × ヨコ 128mmの1サイズのみ

仕上がりはソフトカバー(ジャケット、帯つき)で
用紙はマットな質感の上質紙
最小40ページ(税込み1,700円/冊)から
最大204ページ(税込み5,800円/冊)まで
2ページ単位でご自由に作成できます。


とりあえず私は写真をチョイスする前に全部ダウンロードしてから
ページにあわせていきながら写真を選ぶので
300枚アップロード。

canon-uproad_320x222.jpg
キャノンの制限は300枚もしくは1024MBまで。
私の300枚249.7MBをアップロードし終わるまでには約17分。

みんなの本づくりサイト「ドリームページ」 のフォトブックを作るときはとても時間がかかったし、500MBまでなので容量を小さくしたりと
めんどくさかったのですが
キヤノンはスムーズでした。

canon-hyoushi_320x224.jpg

フォトブックは白紙のページに写真をはめていくのが多いのですが
編集画面を開いたらもうすでに写真が配置されていました。

フォトブックにする写真を全部選んでから
アップロードしてたら
もうトリミングの調整と文字入力だけして
注文完了ですね。

15分あれば完成すると思います。

私の場合は…
300枚の写真を削除したりなど選定することから始めたので
2時間かかっちゃいました。

でも1ページに1枚しか写真が入らないタイプなので
レイアウトに時間はほとんどかからなかったですね。
みんなの本づくりサイト「ドリームページ」 だとテンプレートがいっぱいあるので
どのテンプレートにするかでも悩んじゃいますから…。

1ページに1枚タイプは久しぶりに注文しましたが
やっぱり2枚入れたいとかいうページがいくつかあったので
これからテンプレートが増えることに期待です。

でも1ページ1枚はシンプルですっきりしていて
これはこれでおしゃれですね。


2ページごとにページが増やせるのも魅力。
なかなか設定されたページ数にあわせて作るってむずかしいんですよね。
足りなかったり、ちょっとだけ多かったり…。

2ページ50円単位で追加できるから
予算を決めておいたら
これより多くしないとか自分で価格調整もできますね。

canon-cyuumonkanryou_320x223.jpg

154ページ、4550円
注文完了です!

canon_320x218.jpg
注文後のマイページにはおしゃれに並べてあります。


1つだけ、注文後に気がついた残念なこと。

このフォトブックの魅力のひとつ
他社ではどこもやっていない「見返しの色が選べる」なのですが…
選び忘れちゃったんです!

表紙を全面タイプにしたので
帯の色を選べなかったんですが(全面タイプは帯にも写真が入るため)
それで油断したのか
見返しすっかり設定し忘れちゃったんです!


でも!帯の色の選択はわかりやすかったけど、
見返しの色の選ぶところはわかりにくかった!

フォントを選ぶときとかに一緒に選ばせてくれればなと思いました。
一度注文したらキャンセル不可です。
何度もプレビュー確認して
せっかく作ったフォトブックなのに残念です。

できれば紺にしたかったけど、
普通は大抵白なのでまぁそんなに変わらないからいっかな。

到着が楽しみです。

皆さんは見返し選択し忘れないようにご注意くださいね!


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。